2016年4月26日

4月26日 健康の爆買い 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の官民、中国で病院チェーン 10カ所で生活習慣病を治療 三菱商事など参画
政府や医療機器メーカーが連携して、2016年度中に中国で生活習慣病の治療を中心とした病院を開く。北京など10カ所で中規模病院を新設する予定。中国では糖尿病患者だけで1億人を超えるとみられるが、治療や予防を担う中核拠点が不足しているのが現状だ。外資系の高度医療機関の招致を目指す中国政府と、中国を足場にアジア向け医療輸出を増やしたい日本側の狙いが一致したかたちだ。

日本の医療が世界中の人間を相手にその活躍の場を広げている。2000万人に迫る訪日客の目的のひとつに、がんや糖尿病の治療がある。いわゆる医療ツーリズムだ。特に中国の富裕層を中心に広がりを見せている。以前私がお会いした中国在住の方は国立有明がんセンターに月一度通う生活を続けている。彼は普通のサラリーマンだった。今後、こうした富裕層とは違う、中産階級層の方々を巻き込んでの医療を求める動きが本格化していくだろう。しかし彼らは何故医療を本国ではなく日本等の海外に求めるのか。それには国内の保険制度の未整備や優良な医療施設の不在が背景にある。例えば、北京の病院では診察待ちに一晩かかるだとか、交通事故で救急車で運ばれて処方されたのが湿布だけだったなど、笑えない話を数多く聞く。しかし、周辺の国に目を向けると病院事情は一変する。インドやタイなど、医療技術の発展した国では日本同様世界中から治療のために訪れる患者も多い。医療という点において、新興国のなかで中国が取り残されている感は否めないのだ。だが、中国国内の医療設備が整備され、13億の人口を抱える中国の国民が国内で健康のためにお金を遣うようになると巨大な市場に発展する可能性が高い。今回三菱商事が参画してのプロジェクトとなる。長らく商社の収入源だった資源ビジネスが資源安で低迷するなか、新たな攻めの一手になることは間違いない。

(市川 淳)

医療ツーリズム・・・医療観光、メディカルツーリズムとも呼ばれる。居住国とは異なる国や地域を訪ねて医療サービス診断や治療などを受けることである。50以上の国が、自国産業の一つに医療観光があると報告している。