2016年4月5日

4月5日  人工知能の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフト トヨタが新会社 「繋がる車」拡大へ基盤 通信機器標準搭載へ
トヨタ自動車が米マイクロソフト(MS)との提携を強化する。走行するクルマから集めたデータを保管・分析するための新会社を両社で設立したと4日に発表した。トヨタは通信機器を標準搭載した「コネクテッドカー(つながるクルマ)」の拡大を進める。IT(情報技術)大手の力を借りて多様で膨大なデータを分析する基盤を整え利便性を高める方針だ。

クルマの未来に向けてトヨタが走り始めた。マイクロソフトの情報技術、基盤、人材を活用してインターネットと運転をつなぎ、より利便性を高める。未来志向のプロジェクトが始まっている。トヨタは現在、主力車レクサスにコネクテッドカーシステムを導入している。コネクテッドカーとは、インターネットに常時接続され、リアルタイムの渋滞情報や衝突回避、ホテル予約のサービスまで広く対応できるシステムを標準搭載した車だ。富士経済の予測によると、2030年にはこうした「コネクテッドカー」は世界で全車両の半数に搭載される可能性があるという。このシステム搭載に関わる応用分野は広く、波及効果も期待できる。例えば3D地図技術がある。現在カーナビで見る事のできる平面の地図が、立体地図に置き換わる技術だ。ストリートビューで見るような風景をリアルタイムで見ながら運転ができる。これはグーグルが先行している自動運転技術には必須の技術だ。死角にある障害物や人、動物の移動まで把握できる。グーグルが自動運転技術開発に先行するなかで、トヨタも水を開けられない。2兆円を超す市場に拡大するとの見通しもあるため、今後開発も進むだろう。開発競争はよりよい製品づくりのために欠かせない、歓迎すべき事だと思う。ただし、課題も山積みだ。コスト面や、サイバーテロへの対策、自損事故が起きた際の法律の解釈、人の命に直結する要素が多い「運転」という性質上、見切り発車は許されない。

(市川 淳)

人工知能・・・言語の理解や推論問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術。AIとも呼ばれる。人工知能を取り入れた応用分野として、特定分野の人間の知識を整理し、データとして蓄積しておき、問い合わせに対してその意味を理解しながら、蓄積したデータを用いて推論、判断するエキスパートシステムなどが挙げられる。また、人間のしゃべる言葉や手書き文字を理解するパターン認識や機械翻訳システムなどにも人工知能の技術が応用されている。