2018年7月26日

7月26日  積水ハウス 男性の育休、必ず1カ月 !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積水ハウス 男性の育休、必ず1カ月

積水ハウスは9月から男性社員が1カ月以上の育休を必ず取る制度を導入する。3歳未満の子供を持つ約1400人が対象。男性社員を対象に長期間の育休取得を必須とするのは珍しい。仕事と家庭の両立を後押しすることで優秀な若手社員を確保し、企業としての競争力を高める。同社は2017年度に男性社員の育休取得率100%を達成したが、日数は平均2日にとどまっていた。今回、出産直後や配偶者の職場復帰など状況に応じ、育休取得率100%を目指す。(日本経済新聞より)

日本は先進国の中でも夫の家事時間が極端に少ない国。育児休業を取得した男性の比率が2017年度は5.14%だったと発表した。前の年度から1.98ポイント上昇し、比較可能な1996年度以来で最高。女性の取得率は1.40ポイント上昇し、83.2%だった。男性も育休を手軽に取得できる社会にならなければ、少子化問題を解決する事は難しいと思われます。

(永塚)

育休取得率・・・出産した本人または配偶者が育児休業を取得した割合。厚生労働省の雇用均等基本調査で報告される。対象は無作為抽出された正規、非正規を含む5人以上の従業員がいる民間事業所。都道府県別のデータは公表していない。7月に発表した2009年10月から1年間の取得率は、男性が過去最高の2・63%。女性は87・8%だった。