2016年2月1日

2月1日 黒田マジックの効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀がマイナス金利を導入
日銀は1月29日、マイナス金利政策の導入を決定した。2013年に導入した量的・質的金融緩和(異次元緩和)は大きな転換点を迎える。世界経済の減速感が強まる中、政策決定の判断は揺れた。日本では初めてとなるマイナス金利政策は切り札になるのか。マイナス金利政策の導入は賛成多数で決まったが、決定会合では賛成5人、反対4人。黒田総裁は「今後は量・質・金利の3つの次元で緩和を進めていく」として、マイナス金利の導入は「金利全般を押し下げ、消費や投資を喚起する」と説明。一方、反対した審議委員は「実体経済に大きな効果をもたらすとは判断されない」「資産買い入れの限界と誤解されるおそれがあり、混乱を招く」として今回は意見が分かれた。

史上初のマイナス金利導入という日銀の決定は、株価上昇と国債価格上昇(金利は低下)という形で市場から歓迎されました。その反応は日本市場だけでなく欧米の市場にも波及し、特に、追加利上げ観測がくすぶっていた上にGDPの成長率が鈍っていたアメリカからすると、日銀の緩和が新たなステージに移行したことは大きなプラス材料となりました。
今回のマイナス金利は、新たに日銀の当座預金に資金が積まれた部分にのみ適用されます。従って、これまでに積まれている部分に関しては0.1%の付利が付きます。日銀が市中銀行から国債を買い取ると、その代金が日銀の当座預金に入る訳ですが、今後はこの部分が貸出しに回り、お金の回るスピードが上がることが期待されています。
話の裏を返すと、既存の資金はこれまで通りに付利が発生するので、実のところマイナス金利が適用されるのはごく一部になるのでは?という見方があります。マイナス金利導入は象徴的なインパクトがあり、実際は経済が何も動いていないのに株価が急上昇しました。個人的に、今回の決定は「黒田バズーカ」というより「黒田マジック」と呼ぶべきかなと思いましたが、黒田マジックの効果が消え、経済が失速しないことを望みます。

(仲本 政康)

マイナス金利政策・・・マイナス金利政策とは、預金者に手数料を課すことで、預金すれば元金が目減りしてしまう状況を作り出すことをいいます。これは、金融政策としては「最後の一手」とも言える手段で、デフレ脱却などを目標に、民間銀行に対して、企業や個人などへの融資(貸出)を促進して世の中に出回るお金を増し、経済を活性化させることを狙いとしていますた。