2016年1月29日

1月29日 大注目の日銀政策決定会合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀「脱デフレ」遅れに黄信号
日銀は29日の金融政策決定会合で追加緩和の是非を議論する。原油価格の急落や中国経済の減速で先行きの不透明感が強まっているため、景気や物価に及ぼすリスクを慎重に判断する。日銀内には目標とする物価2%上昇の達成が難しくなるなら、より大胆な緩和策を決めるべきだとの意見がある。副作用も考慮し、確かな効果が得られるのか見極める。

ここ数日、何度も取り上げていますが、29日の日銀金融政策決定会合に世界中の投資家の視線が集まっています。水曜のFOMCではアメリカの追加利上げは行われず、現状維持ながらも次回のFOMCで利上げが決定される可能性を残す結果となり、市場では投資家がリスクを回避する動きがみられました。FRBの発表が市場の期待通りでなかった以上、「黒田バズーカ第3弾」と呼べる日銀の追加緩和に期待する投資家は多いと思われます。
もしも日銀が追加緩和を決めた場合、国債の買い取り額を増やすという手だと、国債のほとんどを日銀が買う形になるという問題が生じます。
「付利を無くすかマイナスにまで引き下げる」という新しい枠組みに取り組むならば、緩和の限界説を払しょくできるかもしれません。会合の行方は午後に判明しますが、その内容に注目です。

黒田バズーカ・・・2013年4月に決定した金融緩和策で、黒田総裁が「異次元規模の緩和」と説明した。これまでにない内容の緩和によって加速度的に円安と株高が進行している現象から、バズーカ砲のように上昇をするという意味でメディアでは黒田バズーカと表現するようになった。