2018年6月7日

6月7日 人生100年時代のマネープランを !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生100年時代のマネープランを
 
 「人生100年時代」というが、長い人生をどう生き、必要なお金を準備するかというマネープランをつくったことがある日本人は必ずしも多くないだろう。2016年の野村総合研究所の調査では、18~79歳の日本人のうち、マネープランをつくったことがある人の比率は9%だった。60~70代は7%にすぎない。決まった形式はないが、マネープランとは家計の将来の収入・支出及び資産・負債をシミュレーションする事だ。(日本済新聞より)

100歳まで、長生きできることは、大変素晴らしいことである反面、さまざまなリスクもともないます。最近、「長生きリスク」という言葉がよく使われるようになりました。一般的に使われる「長生きリスク」とは、寿命が伸びることによって、老後の期間が長くなり、生活資金が不足することなど、「経済上のリスク」として捉えられます。マネープランの必要性が論議されるようになってきている。

(永塚)

マネープラン・・・マネープランとは、一言で言うと人生設計です。マネープランは、個々の人生における希望のイメージを考える(ライフプラン)だけではなく、それら人生のイベントにどのくらいお金が必要となるのかということを事前に計算し、その資金の工面を具体的にどのようにしていくのかということを把握するものです。