2016年1月21日

1月21日 新聞社ごとの報道の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉の建設業者「甘利氏側に1200万円」 週刊誌報道
甘利明経済財政・再生相や秘書に「現金を渡した」などとする建設会社の男性の証言を、21日発売の「週刊文春」が報じることが明らかになった。週刊文春のホームページなどによると、男性は千葉県にある建設会社の総務担当者。都市再生機構(UR)が同県内で進める道路建設の補償交渉を巡り、甘利氏の事務所に口利きを依頼。口利きの見返りとして過去3年にわたって甘利氏本人や秘書に総額「1200万円」を現金や接待で提供したとしている。

報道のやり方に違いが出たニュースが現職大臣の不正疑惑です。経済財政・再生大臣というアベノミクスの中核を担う大臣のスキャンダル疑惑。朝日新聞・毎日新聞・産経新聞など一般紙では政治面のニュースとして報じましたが、日経新聞では4面の政治面では触れられておらず、なかなか読まれにくいであろう社会面(最後から2ページ目)で取り上げられています。
スキャンダルの真偽は今の時点では分かりませんし、野党の追及なども手伝ってこれから明らかになっていくと思いますが、国民の関心は高いと思われます。購読者層に国内の投資家が多い日経新聞としては、日経平均株価が前日比632円安という今年最大の下げ幅をつけた中で、株価上昇を大きな成果としていた安倍政権の逆風となるようなニュースは目立たないで欲しいのかもしれません。
情報の取り方は様々ですが、報道のやり方に差が出ることがある以上、普段から自分自身のアンテナは高めておいた方が良さそうです。

内閣府特命担当大臣・・・中央省庁再編に伴う内閣府設置法の施行により2001年1月6日に法制化された職位。国務大臣をもって充てられ、内閣府にのみ置かれる。職名は「内閣府特命担当大臣(〇〇担当)」のように括弧付きで表記される。甘利明は経済財政政策担当大臣。