2018年1月17日

1月17日 年金は「もらう前に死んだらもらえない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公的年金受給開始、70歳超も選択肢 政府検討

政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入った。年金の支給開始年齢を遅らせた人は毎月の受給額が増える制度を拡充し、70歳超を選んだ場合はさらに積み増す。高齢化の一層の進展に備え、定年延長など元気な高齢者がより働ける仕組みづくりも進める方針だ。2020年中にも関連法改正案の国会提出を目指す。

年金財政の状況を考慮すると、いつかは本格化するとされていた「年金受給開始年齢引き上げ」の議論が始まるようです。「原則65歳を引き上げる」という話ではなく、「選択の幅を拡げる」というテーマですが、いずれ原則年齢の部分にもメスが入れられるでしょう。受給開始年齢の選択について、現行制度では65歳という年金受給開始年齢を60歳まで前倒しする事ができ、また、70歳まで先送りすることができます。当然、どちらにもメリット、デメリットがあります。先にもらう場合は早くもらえうメリットと、受取り金額が減るデメリットがあります。繰り上げた月数に0.5%を掛けた金額が受給額から減らされるしくみです。60歳まで前倒しすると約30%も受給額が減ってしまいます。先送りにする場合は繰り下げた月数に0.7%を掛けた金額が上乗せされるルールで、毎月の受給金額だけを比較すると先送りにする方の恩恵が大きいですね。では、現在の年金受給者はどのような選択をしているかというと、繰り上げ(早くもらう)を選択している方が約4割、そして繰り下げ(しばらく我慢する)を選択しているのは1.5%という結果が出ています(厚生労働省の統計より)。繰り下げを選ぶ人が少ない理由は明白で「82歳より早く死ぬと受給総額で損をする」からだと私は考えます。もっと話をシンプルにすると、年金は「もらう前に死ぬと1円ももらえない」のです。「いつ死ぬか」は誰にも分かりませんし、損をしたくないと思うのは人の性というもの。同じ積立投資なら、死んでも遺族に相続させることができる不動産投資の方が魅力的だと言えます。

(ナカモト)