2017年12月21日

12月21日 やっと決着に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都の小池百合子知事は、築地市場から移転する豊洲市場を2018年10月11日に開業すると発表した。当初予定より約2年遅れの移転となり、築地跡地を輸送拠点に使う2020年東京五輪の準備に間に合うギリギリのタイミングになる。延期の影響で豊洲市場につくる集客施設の計画が滞っているほか、延期の理由になった土壌汚染の風評の払拭など課題もなお残る。

ここ最近は豊洲移転に大きな動きがなく、やっと決まったという印象です。2020年に築地跡地にできる地上道路と五輪輸送拠点を作るのに先延ばしができない状況だったのでしょう。移転しても土壌汚染などの問題もありスムーズに運営がいくか不明なところがありますが、豊洲へ移転するという新しい方向に進みだすのはいいのではないかと思っています。小池知事は「豊洲ブランドを構築する」と言っていますが、いろいろな雑音をなくすには、こうした豊洲の魅力を訪日外国人も含めて多くの人が感じ、訪れてもらえる市場にするのが一番いい方法です。現在の築地市場の名物のセリや多くの人でごった返す活気ある姿を移転する豊洲でも見てみたいものです。(小林)