2017年12月19日

12月19日 かつてないトヨタの焦り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ 部品・素材に構造転換

18日、トヨタ自動車は2025年ごろまでに世界で100程度あるとみられる全車種に電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動モデルを設けると発表した。HVを今後も主軸と位置づけるが、車載電池の開発や生産で30年までに1兆5000億円を投じ、EVの品ぞろえも強化する方針。世界で強まる自動車の環境規制に対応するトヨタの動きは、部品や素材など関連産業にも構造転換を迫りそうだ。

新車の販売台数が世界一から陥落したトヨタではありますが、利益水準が高いため業績は好調です。国内の同業他社が不正試験などの問題でコケている中、トヨタの組織としての強さが際立っているように見えますが、実はトヨタは過去にないほどに焦っています。最大の理由は「エンジン車からモーター車への世界的なシフト」です。トヨタはこれまでエコカー戦略をプリウスを始めとした「ハイブリッド車中心」で進めてきました。モーターを使ってはいますが、エンジンメーカーとしての強みを活かしてきた格好です。しかし、イギリスやフランスでは化石燃料車の販売禁止が決定され、その他の国でも「エンジン車離れ」という方向に動いていくようです。また、水素電池車「ミライ」をいち早く市場にリリースする動きを見せてはいますが、水素電池車が普及するには課題が山積みです。つまりは、需要が先細りのエンジン車・ハイブリッド車、普及にめどが立っていない燃料電池車に強みを持っているのです。それゆえ電気自動車の開発で遅れを取っているトヨタが焦っている訳です。エンジン車を動かすには数万点に及ぶ部品の管理と振動や音を抑える技術も必要です。これが電気自動車になると、必要な部品は半分以下で済みますし、制御技術もエンジン車ほどの難しさがありません。米テスラ車が急激に存在感を増している理由でもあります。電気自動車分野でのトヨタの巻き返しに期待です。

(ナカモト)

電気自動車・・・原動機として蓄電池を電源とする電動機を用いた自動車。1873年に英国で四輪のトラックが製作されたのが最初といわれる。ガソリンカーの登場によって衰退したが,1960年代以降,内燃機関の排気ガスによる公害,オイルショックなどを契機に見直され,高性能の電気自動車の開発が続けられている。