2017年11月20日

11月20日 起こるか?トリクルダウン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月の貿易黒字 2854億円 黒字は5カ月連続

20日に財務省が発表した10月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2854億円の黒字(前年同月は4812億円の黒字)だった。貿易黒字は5カ月連続となる。QUICKがまとめた民間予測の中央値は3300億円の黒字だった。

何年か後に経済の超現代史を振り返った時、今の時世は「アベノミクス景気が続いた」という説明になるでしょうか。その特徴として「長期に渡って円高で苦しんだ製造メーカーが、リストラにより円高に耐性のある収益構造を構築したところに異次元の金融緩和で円安へ誘導したことが追い風となり最高益を更新する企業が相次いだ」という分析がなされるのでしょう。今日、財務省が出した統計によると5カ月連続の貿易黒字です。数年前の日本の収支バランスは、大雑把に言うと貿易赤字を所得収支で埋めて経常黒字を維持するという構造でした。貿易黒字が当たり前になると、時間はかかりますが国民全体に恩恵が行き渡る可能性がありますので、これこそ安倍首相がアベノミクスを打ち出した当初にかかげた「トリクルダウン」という事になろうかと。国会では今日から代表質問が始まりますが、くだらないすった転んだは要らないので、国民が豊かさを感じるための議論をして欲しいものです。

(ナカモト)

経常収支・・・輸出額から輸入額を引いた「貿易収支」、海外への投資によるもうけから、海外からの投資によるもうけを引いた「所得収支」、主に外国人旅行者が日本で使ったお金から日本の海外旅行者が外国で使ったお金を引いた「サービス収支」、主に途上国支援に出したお金を示す「経常移転収支」を差し引きした金額。日本経済の姿や日本がどう稼いでいるかなどを示している。