2017年11月15日

11月15日 名目GDPは伸びているものの・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7-9月期GDP、年率換算1.4%増 外需が牽引

15日、内閣府が発表した2017年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.3%増、年率換算では1.4%増だった。プラスは7四半期連続となる。輸出が増え、輸入が減り外需が伸びた。設備投資も堅調だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は前期比0.4%増で年率では1.5%増だった。

政府や日銀からするとホッとするような結果ではないでしょうか。もちろん満足のいく数字ではないでしょうが、プラスを維持し続けることは重要です。上の記事の続きには名目GDPについて触れられていて、名目GDPは年率2.5%増という結果でした。ここが日銀総裁をホッとさせる材料ではないかと思います。数字だけを抜粋すれば、ようやくインフレの兆候が出てきたと言えるからです。ただ、この数字の背景を俯瞰してみると、物価上昇の原因として世界的な資源価格の上昇が挙げられます。原油価格は55ドルを下回る日が少なくなり、中国の需要が復活した影響で鉄鋼などの価格も上昇に転じています。つまりは、日本の名目GDPが増えているといっても、国内の個人消費が寄与していないことが鮮明に分かります。首相が「賃上げ」を民間に促していますが、本当に賃上げが可能な社会の土台作りについて議論し、策を実行するフェーズに移す必要があります。

(ナカモト)

囲国内総生産・・・GDP(Gross Domestic Product)。国内で一定期間に生産された財・サービスが生み出す付加価値の合計。国の経済規模を表す。GDPの名目の値から物価上昇分を差し引いたものを実質GDPといい、その伸び率を実質経済成長率という。