2017年10月27日

10月27日 ECBの緩和縮小はテーパリングに非ず!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州中銀 量的緩和を縮小

26日の理事会で、欧州中央銀行(ECB)は量的金融緩和の縮小を決めた。2018年9月末まで量的緩和を9カ月間延長したうえで、来年から毎月の購入額を300億ユーロと半分に減らす。従来通り、17年末までは毎月600億ユーロの買い入れを続けることも確認した。

アメリカのテーパリングに続き、ヨーロッパ中央銀行でも量的緩和の縮小を決めたと報じられています。株式市場はどう反応したかというと、ヨーロッパの主要市場、アメリカNY市場とも株高で終わりました。「金融緩和縮小」という点だけを抜粋すると株価が下がりそうなものですが、実際は逆の動きを見せました。市場は「来年9月まではこれまでと変わらない」「縮小ではなく、来年9月まで継続決定」という受け止め方をし、いつになるか分からなかった緩和縮小の時期が定まった事で強気になったと分析できます。投資家にとって「不確定要素が排除される」というのは大きなプラス要素。今回のECBの表明を受けた株価上昇は、まさに「時期・規模」という不確定要素がなくなった事による反応だったと私は見ました。ドラギ総裁は過去に緩和縮小をほのめかしただけで株価が急落した経験から、発言に気を遣うようになったと思います。その一言でマーケットや政局に影響を与える人物には、発言をコントロールする感覚が必要です。そう言えば、日本では「北朝鮮のおかげで選挙に勝てた」という物議をかもしそうな発言をした大物もいらっしゃいますね。

(ナカモト)

欧州中央銀行・・・EU(欧州連合)の中央銀行。1998年、EMI(欧州通貨機関)を継承して設立。単一通貨ユーロの発行・管理および、加盟国の外国為替オペレーションや外貨準備などを業務とし、金融政策の決定と遂行を責務とする。本部はドイツのフランクフルト。ヨーロッパ中央銀行。ECB(European Central Bank)。