2015年11月26日

11月26日 本日のニュースのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)米アップル iPhoneに有機EL採用
米アップルがスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」のディスプレイとして有機ELパネルを採用すると、部品メーカーなど複数の取引先に伝えた事が明らかになった。従来の液晶パネルに加え、鮮明な画像と省電力が特長の有機ELを搭載する製品を3年後に発売する計画。供給元の1社となる韓国LGディスプレーは増産体制を整える。

 液晶ディスプレイに強みを持つ日本のメーカーにとっては逆風か。有機ELパネルはサムスンがほぼ独占、今回のLGディスプレイと併せて韓国勢に大きく水をあけられている状況だ。日本勢ではジャパンディスプレイが2018年に有機ELの量産化を目指しているが、液晶世界3位のシャープはまだ製品段階にない。デバイスを供給するメーカーにとっては、年間の世界販売台数が2億3千万台を超えるiPhoneに部品供給できることの意味は大きい。
iPhoneに画像センサーを供給するソニー、小型モーターの日本電産、コンデンサなど400点以上の部品を供給している村田製作所などiPhoneの中身の50%超は日本製。スマホというデジタルツールで、最も重要なのは画面(ディスプレイ)だ。キーデバイスであるディスプレイにおいて日本メーカーの巻き返しに期待したい。

 

有機ELディスプレイ・・・電圧をかけると自ら発行する有機材料を利用したディスプレイ。発行体にジアミン類などの有機物を使うために有機ELと呼ばれる。バックライトを必要とする液晶画面よりも更に薄くすることができる。省電力性・視認性・色彩輝度などに優れる。