2017年8月29日

8月29日 Jアラートは鳴ったものの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮ミサイル発射 北海道上空を通過

29日午前5時58分ごろ、北朝鮮は平壌郊外の順安(スナン)区域から北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。約2700キロメートル飛行して北海道の襟裳岬上空を通過、午前6時12分ごろ襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下したと推定される。中距離弾道ミサイルとみられるが、日本政府は領域に飛来する恐れはないと判断し、自衛隊による迎撃措置を取らなかった。

今朝、どこのテレビ局も一斉に北朝鮮のミサイル発射の報道と、注意喚起のアナウンスをしていたので「いよいよ(金正恩が)やったのか?」と不安に感じた人も多かったのではないでしょうか。もちろん私も報道番組を気にしていたものの、数分後には北海道の沖に落下したことを確認できたので出社の準備を進めました。家を出て電車に乗ると、いつもと変わらない通勤風景のように見えましたので、平和と言えば平和ですが、Jアラートが鳴ったのは今年初の出来事にも関わらずその状況です。実際にミサイルが日本の領土内に着弾しても、平常通りに出勤する会社員が多そうですね(汗)。かくいう私も、実際には何をして良いか分かりません。
マーケットでは為替が円高に振れました。地政学リスクの高まりによるリスク回避の円買いだという解説が見られましたが、そもそも日本にミサイルが飛んでくるかもしれないのに日本の通貨を買うというのは不思議な話です。東日本大震災のときには日本企業や政府による海外資産の資金還流を先回りした円買いが入った前例があるので驚きはしませんが・・・。このような非常事態の時にテレビ東京だけは通常放送をして伝説を残すことが多くありましたが、本日も為替状況を15秒ほどできっちりとまとめて「けものフレンズ最終回」を予定通りに放送したテレビ東京に対しては「ブレないなぁ」という賞賛の言葉を送りたいです。すっごーい!

(ナカモト)

Jアラート・・・全国瞬時警報システムの通称。通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達する日本のシステムである。2004年度から総務省消防庁が開発および整備を進めており、実証実験を経て2007年2月9日から一部の地方公共団体で運用が開始されている。