2015年11月25日

11月25日 今日のニュースのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)シリア国境付近 トルコ軍機がロシア軍機を撃墜
トルコ政府は24日午前(日本時間同日午後)、南部のシリア国境付近で、領空を侵犯したロシア軍機を撃墜したことを明らかにした。ロシア国防省によると撃墜されたのはロシア軍の戦闘爆撃機スホイ24(SU-24型機)と確認した。
同日、プーチン大統領は「背後から刺されたようなものだ」と述べ、トルコを強く非難した。「ロシアとトルコとの関係に重大な結果をもたらす」としてトルコを警告した。

 第一報から時間を経て、続報ではパラシュートで脱出したパイロットが下降中に射殺されたとの情報がある。また、パイロット救出に向かったヘリも攻撃を受けて不時着をし、負傷が出ている模様。緊張感が一気に高まっている。
現在、シリアの情勢は非常に複雑で、シリア政府・反政府組織・イスラム国・その他勢力と地域ごとに様々な衝突が起きている。今回、ロシアに対する爆撃を行ったトルコの主張の一部には、「ロシアはイスラム国だけを攻撃している訳ではなく、本当にイスラム国を掃討する気があるのか?」という見方もある。

そもそも、ロシアとトルコは仲が悪い。オスマントルコ帝国VSロシア帝国の露土戦争など、直接の戦争を起こした歴史がある。近年の冷戦時代においては、NATO(北大西洋条約機構)に加盟したトルコに対して、旧ソヴィエト連邦のロシアが面白く思うハズがない。
いまトルコが直面しているのがシリアからの難民問題。エルドアン首相は、オスマントルコ帝国時代の「強いトルコ」を目指している向きもあり、強硬な姿勢が続きそうだ。

 

NATO・・・北大西洋条約機構。North Atlantic Treaty Organization の頭文字を取っている。北大西洋条約に基づき、アメリカを中心に構成された西側諸国の軍事同盟。これに対抗する旧ソヴィエトを中心とした東欧共産主義圏の軍事同盟としてワルシャワ条約機構(英語圏の略称はWTO)がある。NATO対WTOは、冷戦構造の象徴となった。