2017年8月3日

8月3日 目玉なき内閣改造から透けて見えること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣改造 外務相・河野氏、総務相・野田聖子氏ら

3日、安倍晋三首相(自民党総裁)は内閣改造・党役員人事を行う。外相に河野太郎前行政改革相、総務相に野田聖子元総務会長、厚生労働相に加藤勝信一億総活躍相をあてる方針。経済財政・再生相と新設する人づくり革命担当相を茂木敏充政調会長に兼務させる。竹下亘国会対策委員長を総務会長に起用するなど自民党五役も決まった。

支持率急落に悩む安倍首相ですが、新しい内閣の顔ぶれを見た私の第一の所管は「今回の人事の目玉がよく分からないな」というものです。支持率アップにつなげたいハズで、一時期は元大阪市長の橋下徹さんや、小泉元総理の次男である小泉進次郎議員らの入閣も噂されていました。この2名が入閣するとなれば、国民の期待を一定数集めた可能性が高いでしょう。蓋を開けてみると、かなり手堅い人選だと私は思いました。人気取りに走らなかったという見方をすれば、良い人事ととらえる事ができます。
私の主観では安倍政権の息はそんなに長くはないかもしれません。もしも安倍内閣の勢いが保たれているのなら、岸田さんは外務大臣を下りなかったでしょう。石破さんも再入閣に対して頑なに拒否する姿勢ではなかったかもしれません。橋本徹さんや小泉進次郎議員も「打診があればその時は・・・」と前向きな構えを見せていた可能性があります。まともな思考であれば、誰しも泥船には乗りたくないと思うのが人というものです。安倍政権は大舟なのか、それとも泥船なのか・・・。その答えが出る日は近いのではと予想しておきます。

(ナカモト)

内閣改造・・・内閣総理大臣が、任期の途中で国務大臣の全部または大部分を入れ替えること。総理大臣は、国務大臣の提出する辞表をとりまとめ、新たに任命し組閣する。留任する大臣には辞表を返還する。この手順で組織された内閣を「改造内閣」という。