2017年7月20日

7月20日 訪日客消費額 過去最高水準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訪日消費額 過去最高水準

19日、観光庁が発表した訪日客の消費動向調査によると、2017年4~6月期の旅行消費額は前年同期比13%増の1兆776億円だった。調査は10年4~6月期から始めているが、四半期ベースで過去最高をマーク。韓国や香港からの訪日客数が順調に増え、全体の消費額を押し上げたかたちだ。

2016年はアベノミクスがスタートしてからの期間を考えると円高だったと判断できると思います。その流れが2017年はトランプ相場などの影響もあり、円安方向に振れたため訪日客増加の一因になっていると推定できます。いまの訪日客の行動を見ると、都心部以外を訪れる人が増えた印象が強いです。割合として多いのは中国人ですが、おそらくはリピーターが増えてきており東京や京都といった街ではなく、田舎の方まで巡る団体が増えている傾向にあります。また、消費額が過去最高水準という結果が出ていますが、日本独自のカルチャー・コンテンツを前面に押し出したクールジャパン戦略が実を結び始めているのでしょう。個人的には日本をアピールするにはやはり伝統工芸品だと思いますので、伝統を守る職人を守るような取組みに対して経済的な援助をする仕組みが普及すると面白いと思います。公的な援助も良いですが、今の時代はクラウドファンディングという手法で「必要な人にお金が行きわたる」ことが昔よりも容易になっているハズです。

(仲本 政康)