2017年6月23日

【尾山塾】腑に落ちれば正解だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人物紹介:尾山 尚氏

外車ディーラー、不動産デベロッパーで営業職を処し、「引きの営業」という独自のスタイルを確立しトップセールスとなる。かつては竹刀片手に社員から恐れられていたが、現在の右手に竹刀は無く、代わりにウクレレをつま弾き営業部を練り歩くという。ゼロ営業マンは曲と共に尾山氏と歌う羽目になるため、ウクレレの音が流れるや否や営業部は突然忙しそうに活気付くとか・・・そんなかたわら、MBA取得のため大学院に通うなどパワフルに日々を処し、ホトケの尾山として部下の育成に力を注いでいる。

Q. 尾山さん初めまして。私は都内でOLをしている石原と申します。相談としては、いま気になっている男性が二人います。一人は有名企業に務めていて、年収が高めで見た目もそこそこの頼れる男性です。もう一人は正直スペックはそんなに高くはないんですけど、野球観戦という共通の趣味があり、会話していても楽しくてとても相性が良い気がしています。そろそろ結婚を考え始めているのですが、どういう基準で相手を選べば良いか、尾山さんならどのようなアドバイスをしてくれますか?。

 26歳 石原(仮名)

石原さん

こんにちは、尾山です。

さて、結婚するにあたりどのような基準で相手を選ぶのか。
という問いですね。

ズバリ!石原さんの文面に答えが書いてあるね。

・・・正直スペックは・・・というくだり。

より近しい身内に対する気持ち、愛情が入っているよね。
そっちにしたら?野球好き同士でうまくいくかもよ。

しかし、このブログを読んでいる他の女性の中には
「はぁ?・・幸せな悩みじゃねえか!」
という方がいるやも知れませんので、ここで相手を選ぶ基準の話に戻します。

どちらの相手を選択するのか・・・

自分の選択に覚悟が出来れば、どちらでもオッケーです。

しかし、覚悟しないで選択したなら、相手の人生に失礼だし、結局あなたが
後悔すること間違いないな。

 

難しい?(笑) つまり、覚悟出来ない場合の自覚症状を言葉にすると

「腑に落ちない」という状態になるね。

相手のスペックだとか、イケメンだとか年収なんてのは単なる条件に過ぎず、
それが原因で幸せになるなんて事はありません。

自分の人生を真剣に考えるのなら、自分の腹に聴き、「腑に落ちない」状態なら、
その選択肢はNGです。

人生の大小の選択において、常に覚悟という概念を見据えていれば進むべき道は
自ずと見えてきます。

 

因みに、私自身偉そうな事を言っていますが、実はいつも小さな事をクヨクヨ悩み、
あれこれ考え、悶絶の毎日です。(笑)

そして、覚悟しないで決めた事はやっぱり裏目に出てとんでもない事になった数々の
経験をもとに、皆さんにお話しをしているつもりです。

 

お互い自分の人生を良きものにしましょう。

 

尾山 拝

■編集より

当サイトでは、人生・仕事・恋愛など、日々の暮らしの中で、あなたの頭の中を支配する悩みへの相談を受け付けております。

infomail@ism-c.jp

まで質問・相談をお寄せください。尾山が100%の真剣勝負でお答えします。