2017年4月19日

4月19日 英国の決断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英、6月8日総選挙へ メイ首相「EU離脱の信問う」
英国のメイ首相は18日に首相官邸で緊急会見し、解散総選挙を実施する方針を表明した。議会の承認を得て、6月8日に実施する考えのもようだ。欧州連合(EU)離脱を控えるなか、メイ氏は「離脱交渉を進める現政府を支持するか民意を問い、より安定した政権をつくる」と話した。

遅々として進まないイギリスのEU離脱に動きが出てきた。今回メイ首相が議会を解散し、新たに議員を選挙で選び直す決断をした。本来の予定では2020年に執り行う予定だったので、3年の前倒しになる。国民の民意を選挙で改めて問うかたちとなる。メイ首相の思惑通りになるかは不透明な中で、今回の決断に踏み切った背景には足並みが揃わない国内の統制に焦る首相の苛立ちが見える。与党である保守党の支持率を見る限りでは勝算が高いと踏んだのだろうが、結果は分からない。EU離脱を決めた国民投票自体が世論を覆すサプライズだった。他国で言えば米国のトランプ政権の誕生など、事前には読み切れない事態が結果起きているのが昨今の世界の潮流だ。内政統治の強化を目論んだ今回の決定が、更なる混乱を招く可能性もある。足元の英ポンド高は楽観的な未来を映しているように見えるが、結果次第で急激な国力低下が起きるかもしれない。
メイ首相が恐れていることの一つに英連合国家の解体がある。EU残留を望むスコットランド、北アイルランドが強行な手段に出れば、イギリスはバラバラになり内政は混乱を極めるだろう。域内の経済や人、モノの動きも滞ることになると、イギリス発の金融危機が起こる可能性もある。金融大国イギリスの経済が転覆すればその影響は計り知れない。選挙まで一月半、イギリスの動向に注目したい。

 

(市川 淳)

イギリス・・・イギリスは、「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の4つの非独立国家から構成された連合国家。 通常「イングランド」といえば、この「イギリス」構成国家4つのうちひとつの「イングランド」のことを指す。