2017年4月18日

4月18日 コンビニでレジ革命?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ大手5社 全店に無人レジ

セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入する見通し。カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグを使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する仕組み。深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上につなげる狙い。

無人レジ、普及が広がりつつありますね。私は朝、駅の売店で無人レジを利用することがありますが、鉄道交通系ICカードで決済するので非常にスムーズに目当てのものを購入でき、時間も短縮できているので非常に良いサービスだと思います。よく利用する大手レンタルビデオショップでも無人レジが導入されたのですが、そちらについてはタグを取り外す手間がかかり面倒なので有人カウンターでお願いすることがほとんどです。さて、大手コンビニが共通のICチップを利用し無人レジを導入するとのことですが、コンビニオーナーさんにとっては嬉しい革命ではないでしょうか。無人レジ1台の設備投資に100~200万円の導入費用がかかるとのことですが、もしも人件費を削れるのであれば非常に割安な投資だと私は考えます。仮にそれまで2、3人必要だった運営が1人だけで回せるようになれば店舗の採算性は向上します。人の手による細やかなサービスは機械にはできないとしても、テクノロジーが進化し続ける以上、無人レジは遅かれ早かれ世にどんどん普及するハズです。あらゆる業界において、我々人間は機械に仕事を奪われないように自分自身をアップデートしないといけませんね。

(ナカモト)