2017年2月24日

2月24日 ツッコみ所が多すぎるプレミアムフライデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プレミアムフライデー」手さぐり

24日、月末の金曜日に仕事の早帰りを促す「プレミアムフライデー」が初めて行われる。東北各地の百貨店などは限定プランを続々と打ち出している。企業や自治体の職場では「実際には早帰りは困難」との声があがる一方、繁忙期を避けるなど工夫して実施を促す企業も出ている。消費喚起への期待や働き方改善に向け、まずは手探りのスタートとなるだろう。

経済産業省が主導して取り組んでいる「プレミアムフライデー」ですが、導入までが早すぎる気がします。経済産業省や経団連の狙い通りに行くのでしょうか。消費喚起をお題目としていますが、役所や大企業は15時に仕事を終えるけれども、サービス業に従事する者は役人さんや大企業にお勤めの方々にサービスを提供するとなると、不公平感が生じたり制度の矛盾が起きてはいないかとツッコみを入れたくなります。また例えば、就業規則で定時が18時までとする企業であれば、15時に退社するのは就業規則違反にならないのかと。このために全国の企業に就業規則の変更を求めるのかと。「15時に帰ったら勝手に有休を半日分消化したことになった」というトラブルは本当に起きないのかと。ツッコみ所が満載過ぎて今回の取組は拙速と表現せざるを得ません。役所主導で全国に定着した概念として「クールビズ」は理にかなっていたとは思います。ところがプレミアムフライデーは全労働者が恩恵を受ける訳ではない上に、早く帰る事と消費欲が旺盛になることは直結しないと考えるのが普通の感覚でしょう。ちなみに、私が15時に帰るとしたら、とっとと帰って早めに寝ます。混むと分かっている金曜にわざわざ遊ぶのは避けるという話です。

(ナカモト)

プレミアムフライデー・・・政府および経団連を中心とした経済界が提唱、推進する、毎月末金曜日に普段よりも豊かな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。午後3時に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。2017年2月24日より実施。