2017年2月21日

【尾山塾】マンション経営は儲かりませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人物紹介:尾山 尚氏

外車ディーラー、不動産デベロッパーで営業職を処し、「引きの営業」という独自のスタイルを確立しトップセールスとなる。かつては竹刀片手に社員から恐れられていたが、現在の右手に竹刀は無く、代わりにウクレレをつま弾き営業部を練り歩くという。ゼロ営業マンは曲と共に尾山氏と歌う羽目になるため、ウクレレの音が流れるや否や営業部は突然忙しそうに活気付くとか・・・そんなかたわら、MBA取得のため大学院に通うなどパワフルに日々を処し、ホトケの尾山として部下の育成に力を注いでいる。

Q. 尾山さん、初めてメールします、都内ジュエリー会社に勤める34歳の男です。結婚はしていません。不動産会社を経営している尾山さんに質問です。1年ほど前からよく御社のような会社から電話が掛かってきます。取引先や仕入の営業かと思って電話に出てみると、マンション経営の勧誘とのこと。正直、仕事中に電話をかけてこられても話を聞いてるヒマはありません。そして、なんとなく不動産屋はうさんくさいことをやって儲けているというイメージです。正直、自分がマンション経営を始めたところで、不動産屋は儲かるんでしょうが、私が得するのかが謎です。前に読んだ本には良い事ばっかり書いてありましたが、本当にマンション経営って儲かるんですか?

 34歳  中田(仮名)

中田さん

はじめまして、尾山です。

さて、営業電話に迷惑されているとの事。

業界を代表いたしまして、

『営業電話、本当に申し訳ございません』

ここにお詫び申し上げます。

 

蛇足ながら、電話が掛かってくる意味は

「中田さんが不動産経営をすることが可能な方だから」

だと思われます。

 

因みに不動産屋は「うさんくさい」イメージ・・・

 

そういえば・・・

テレビドラマや映画に出てくる不動産屋さんは、概ね悪者が多いねえ(笑)

お花屋さんとか魚屋さんの悪者は居ないのは何故なんだろうねえ?

 

弊社は不動産売買が生業ですので当然利益はあります。

そして、中田さんが不動産オーナーになったとしましょう。

 

『中田さんがマンションを買ったからと言って・・・別に儲かりませんよ』断言!

 

リスクも、てんこ盛りです。

天変地異、動乱、これらの事でマンションがぶっ壊れたら・・・

あきらめるしかありません。

 

ウクライナで起こっている事が日本で起こらないなんて保証はどこにもありません。

 

火災や、賃借人が部屋の中で自殺・・・なんていうことも、まれにアルマゲドンです。

 

中田さんが儲けたいというのなら、不動産なんぞまどろっこしいです。

市場にはハイリスク、ハイリターンの商品が山ほどありますのでググってみて下さい。

 

キャッシュがタンマリある方なら別ですが、普通のサラリーマン大家さんの中には

不動産に大きな利回りを求めてる方はおりません。

 

そして、コツコツ真面目に自分の将来や家族の将来を考えている方は、

不動産好きが多いのもまた事実です。

 

例えば、ハイテクノロジーを駆使しなければ利益が出ない金融商品は

サラリーマンが取り組むと本業に支障が出ます。

 

不動産経営はむしろ、頑張ったりサボったりができませんので、

放っておいて時間を味方に付ける作戦ですね。

 

もっと言うと、ローンで買った不動産の支払いを

賃借人が保証家賃を以て払ってくれている訳ですから、

他人のフンドシで相撲を取るようなモノです。

 

最後に、

『マンション経営は儲からないので、やめておいた方がいいです』

 

これだけは言っておきますよ。(笑)

 

尾山 拝

■編集より

社長!!「儲からない」なんて言葉足らずな事を書くと、既にマンションを買ったお客様が不安になります!!マンション経営は、短期的に利益を狙う性格のものではなく、生命保険代わり・私的年金・インフレ対策といった「いくつかの複合メリットを受けられる投資である」ときちんと伝えてください!
また、イズムコンサルティングは電話営業の際に「会社名、名前、不動産の営業目的である」といった事を伝え、宅建業法や特定商取引法を遵守して営業活動を行っていることも付け加えさせていただきます。

 

当サイトでは、人生・仕事・恋愛など、日々の暮らしの中で、あなたの頭の中を支配する悩みへの相談を受け付けております。

infomail@ism-c.jp

まで質問・相談をお寄せください。尾山が100%の真剣勝負でお答えします。