2015年11月16日

【尾山塾】人生の分岐に向き合え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人物紹介:尾山 尚氏

外車ディーラー、不動産デベロッパーで営業職を処し、「引きの営業」という独自のスタイルを確立しトップセールスとなる。かつては竹刀片手に社員から恐れられていたが、現在の右手に竹刀は無く、代わりにウクレレをつま弾き営業部を練り歩くという。ゼロ営業マンは曲と共に尾山氏と歌う羽目になるため、ウクレレの音が流れるや否や営業部は突然忙しそうに活気付くとか・・・そんなかたわら、MBA取得のため大学院に通うなどパワフルに日々を処し、ホトケの尾山として部下の育成に力を注いでいる。

Q. 私は51歳、通信会社のサラリーマンです。先日中国の大連に駐在するか否かの打診が人事よりございました。

  大連と言う土地がどういうところなのか不安ですし、反日感情も多いとも聞きます。

  定年を見越すと波風を立てない方がいいとも思いますが・・・・・・何かアドバイスを頂ければ幸いです。

  宜しくお願いいたします。     サラリーマンS

●サラリーマンSさん こんにちは、尾山です。

さて、海外への駐在の打診が来たとのこと。私が贈る言葉はただ一言 「おめでとうございます」

大連で良い結果が出るかはわかりませんが、Sさん自身の人間成長があることは保証いたします。

50歳を超えてもまだまだ会社がSさんに仕事を依頼するということは非常に有り難いことです。

因みに大連に行くか行かないかを私に聞いてらっしゃるならば、それはお門違いです。

人生の重要な分岐に立ち、どちらに行くかはご自身の心に聞くべきこと。

結局、どちらを選ぶのではなく、どのような心で選ぶのかが正解です。

尾山 拝

 

■編集より

人生・仕事・恋愛など、日々の暮らしの中で、あなたの頭の中を支配する悩みへの相談を受け付けております。

infomail@ism-c.jp

まで質問・相談をお寄せください。尾山が100%の真剣勝負でお答えします。