2016年9月23日

9月23日 解釈が分かれる日銀の決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日米の金融政策行先読みづらく

米国と日本の金融政策を巡る不確実性が、金融市場の先行きに光を遮っている。米連邦準備理事会(FRB)は21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で再び利上げを見送り、先行きの引き締めペースも一段と引き下げる内容となった。日銀が長期戦をにらみ導入を決めた金融緩和の新たな枠組みを巡っては、市場動向次第ではマイナス金利の深掘りなどに踏み切るとの観測も出ているが解釈が分かれている。

日本とアメリカで重要な金融会議が行われましたが、アメリカの方はおおむね市場の予想通りの内容でした。利上げは行わないという結果でしたが「利上げするべきだ」という票を投じたメンバーが10人中の3人で、これまでと異なる内訳となりました。いよいよ12月には追加利上げが行われるという見方もできるでしょう。
ある程度予測通りであったアメリカFRBの会議に対し、日銀の発表した「総括検証」の結果は非常に曖昧なもので分かりづらいというのが所感です。「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」という聞きなれない方策を柱とし、金利をコントロールするという試みが発表され、マイナス金利の深掘りは見送られました。日銀による国債の買い入れの基準にある「残存期間7-12年」という縛りを取り払うという内容も併せて発表されましたが、今回の日銀の決定はマイナス金利の深掘りを嫌がる金融機関への配慮の表れだと見ます。マイナス0.1%の金利は維持したまま、年限の縛りを解いて国債の買い入れ量は何とか維持する。なおかつ10年国債を金利ゼロに誘導するという、妥協とも取れる決定で、市場もまだ完璧な解釈・未来予測が出来ていない状況です。明快で目的地のハッキリとした方向性を打ち出して欲しいものです。

(ナカモト)

イールドカーブ・・・イールドカーブは、縦軸を金利(利回り)、横軸を期間(残存期間)として、期間に対応する利回りをプロットしてゆき、その点をつなぎ合わせて描かれる、利回りと残存年数の関係を表す「利回り曲線(金利曲線)」のことをいいます。これは、金利の世界では、短期は1年以内、中期は5年前後、長期は10年、超長期は20-40年を指して言うことが多く、またプロットする金利については、該当期間の国債の利回りを利用することが多いです。