2016年8月24日

8月24日 スマホ決済が爆買い第二波を生む!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のスマホ決済市場 日本でも商機を生む

中国でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービスが急拡大し、日本企業に商機を生み出しつつある。2016年の市場規模は前年から3割強増え、円換算で200兆円に迫る勢い。世界最大規模になった中国の「スマホ決済圏」は訪日中国人が増える日本にも広がる可能性がある。中国で主流の簡易型は小規模店舗でも導入しやすく、普及すれば日本のスマホ決済の多様化につながる公算が高い。

日本のマーケットにとっては明るい話題ですね。昨年、流行語大賞にもなり、あれだけ市場を席巻した中国人による爆買いですが、今年は息をひそめるとまではいかないまでも失速しているのは明白です。その大きな原因が、中国当局による外貨持ち出しの上限設定であることは当サイトでも何度が取り上げました。年間190万円までの制限により、中国人観光客が自由に買い物が出来なくなったことが百貨店にとって痛手となっています。
今回記事になったスマホ決済は、世界中でこれからも成長していくサービスであり、なおかつ中国の金融機関は日本のシステムに比べて未成熟と言えます。中国国内の金融機関のシステムが頼りない分、中国のスマホ決済市場は決済手段の主流になる可能性もあります。外貨を持ち出さずに日本で決済できるようになれば、その恩恵は爆買いの第二波を生むかもしれません。スマホ決済を含めたフィンテックは様々な変化を与えていくでしょう。

(ナカモト)

スマホ決済・・・スマホ決済には携帯電話の料金とまとめて支払いができる「キャリア決済」と、小型のカードリーダーを利用してスマホでクレジットカード決済ができる「端末・POSシステム決済」があります。キャリア決済とは、各キャリアの専用画面で簡単に支払いできるサービスです。支払者は代金を携帯電話の利用料と合わせて払うことができる、便利で人気の高い決済方法です。一方、端末・POSシステム決済は、モバイル端末機やカードリーダーとスマホを組み合わせた、持ち運び可能なクレジットカード決済システムです。