2016年8月3日

8月3日 政治の現場を動かすのは誰なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きょう内閣改造 稲田防衛相、世耕経産相など
3日、安倍晋三首相は内閣改造と自民党役員人事を行う。防衛相に同党の稲田朋美政調会長、経済産業相には世耕弘成官房副長官をそれぞれ起用する。新設の働き方改革を担う特命担当相は加藤勝信一億総活躍相が兼任。高市早苗総務相は留任の方針。松本純政調会長代理、山本幸三元経済産業副大臣、金田勝年元外務副大臣らは初入閣する見通し。

朝の時点の報道では、新内閣の顔ぶれの中で「入閣は決定しているものの、どのポストに就くのかは調整中」というメンバーが少なくとも7名以上はおりました。これは、よく考えるとおかしな話です。大臣というのは専門の知識経験を重視するのではなく、誰がなっても同じということを物語っています。もちろん財務大臣など専門知識・経験が必要な役職もあることは付け加えておきます。
では、日本の政治の実務は誰が行っているのか?というと、各省庁の事務次官をトップとした官僚たちという話になります。先日公開された「シン・ゴジラ/庵野秀明監督」を観てきましたが、劇中の政府の模様はよく描かれているなという印象を持ちました。ネタバレになるので内容は伏せますが、フィクションとはいえ現在の政治の在り方なども考えさせられる作品だと私は感じます。
安倍総理がアベノミクスを進めることは分かっていますので、現実の新内閣には「国民が景気回復を実感を感じる政治執行」をお願いしたいものです。

(ナカモト)

事務次官・・・事務次官は、日本の行政機関の官職の一種で、各府省に置かれる。現在は復興庁にも置かれている。大臣、副大臣、大臣政務官の特別職の下にあって、各府省において職業公務員(官僚)が就く一般職の職員のうち最高の地位(ただし、防衛省の防衛事務次官は特別職)で、事務方の長といわれる。