2016年7月22日

7月22日 年金が選ぶ企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公的年金が選別投資 環境や企業統治重視
公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、環境や企業統治を重視している企業を選別して資金を流すESG投資に乗り出す。企業統治などが優れた銘柄で構成する新たな株価指数を作り、早ければ年度内にも投資を始める計画だ。社会的な責任を果たす企業への投資は欧米で活発になってきている。公的年金の本格参入で日本のESG投資の裾野が広がれば、成長持続への後押しにもなるだろう。

欧米発のスチュワードシップコードの流れが日本の公的年金にも及んできた。”もの言う株主”として、投資家が自ら株式を保有する企業への提言を積極的に行い、企業と投資家が一体となって経営や事業を進めていく動きだ。代表的な例として米のヘッジファンドであるサードポイントはソニー、ファナック、セブン&アイといった日本を代表する企業の株式を保有すると同時に人事プランへの提案等を行ってきており、実際企業の経営判断に与える影響は大きい。こうした欧米の流れを受けて、今まで受身だった日本の投資家が企業に対する姿勢を改める機会となればいいと思う。なにより、ぬるま湯体質で、ことなかれ主義の企業側が投資家の意見で刺激を受け、緊張感を持って経営にあたることが日本企業の成長につながるだろう。今回、GPIFが投資対象として選ぶ一つの基準となるのが「ESG」というキーワードだ。環境・社会・企業統治の英単語の頭文字をとったものだが、概ね、公共性の高い事業展開を行う企業のことを指す。例えば二酸化炭素の排出量削減に注力する企業が挙げられる。COP3の採択等、世界的な二酸化炭素の排出量の規制強化を受けて注目されているテーマといえる。そこにビジネスチャンスが生まれれば、企業の成長性、利益の源泉にもつながるだろう。GPIFには、「公共性が高い」という響きの良さだけで選ぶのではなく、周りを巻き込んだ成長を遂げられる企業を選んで欲しい。我々の老後を守る年金資金だ、結果をしっかり残して欲しい。

(市川 淳)

ESG投資・・・環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資。環境では二酸化炭素の排出量削減や化学物質の管理、社会では人権問題への対応や地域社会での貢献活動、企業統治ではコンプライアンスのあり方、社外取締役の独立性、情報開示などを重視する。