2015年9月29日

不動産投資、率直にどう思いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株価や円安が進行し、景気が上向きになっているといわれる今日このごろ、かつて日本ではバブル景気と呼ばれる景気があり、不動産投資が大いに盛り上がった時期がありました。
その頃の好況とその後の不況を思い出す人もいると思いますが、一般の人にとって不動産への投資というものはどのようなイメージなのか、率直に思うことをアンケートで聞いてみました。

バブル時代を思い出す人が多数、一方憧れの声も

アンケートの結果、不動産投資はリスクが大きい、お金や土地がないとできないもの、といった回答が多く見られました。またバブル期のことを思い出す人も多いようです。

・バブル崩壊のときにそれで大きな負債を抱えた人が多いと聞いているのでリスクが高い印象がある。(30代/男性/無職)
・元手がある人はいいと思います。あと将来を見極めることの出来る人。バブルがはじけた頃のようになると怖いので私は手が出せませんが。(40代/女性/専業主婦)
・うまくいけばこれに勝る投資はないとは思うが、リスクも高い。土地を予め持っていればいいと思う。(30代/男性/パートアルバイト)
・お金がある人、または会社経営している人や投資を趣味にしている金儲けが好きな人がすること。(30代/女性/専業主婦)
・正直なところかなり興味がありますし、賢い資産運用なのではないかと思います。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・資金があれば、条件次第では投資の価値があるものもあると思う。(30代/男性/会社員)
・おいしいとおもう。高校時代に地主で家の人が働いている姿をみたことがないという同級生がいてすごいなーと思ったから。(30代/女性/パートアルバイト)

日本が一度バブルで盛衰を経験しているだけに不動産投資に対しては慎重に捉える意見が多く見られました。巨額の費用が必要なので、リスクが大きい、自分には縁がないと考える人もいるようです。またお金が好きな人間のすることと、ややネガティブに考える人もいるようです。自分が経験したしないにかかわらず、バブル景気は日本人に大きな影響を今でも残しているのかもしれません。
一方で初期資金があればやる価値はある、賢い資産の運用方法であるとポジティブに捉えたり憧れる意見も見られました。

潜在的に興味を持つ人は多数、リスクをよく考えてからの行動を

アンケートから挙がってきた意見を見ると、リスクがあるのでやらないといった声と、資金や土地があればやりたいという声が見られました。しかし否定的な意見も逆に考えると、リスクにならないほどの資金があればやれるかもしれない、土地があれば活用したい、という考えも見て取れそうです。実際に不動産投資に憧れる声もあったように、多くの人が潜在的に不動産投資に興味を持っている様子も伺えます。不動産投資は地方のアパートを買ったりマンションの一室を購入して貸すなど、比較的小さな金額の投資から始めることもできます。
自分の中の資金と許容リスクを考えて、無理のない範囲の不動産投資から検討してみるのもいいかもしれません。

  • ■調査地域:全国
  • ■調査対象:年齢不問・男女
  • ■調査期間:2015年06月16日~2015年06月30日
  • ■有効回答数:100サンプル