2018年9月13日

9月13日 仮想通貨普及 米国で逆風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国で仮想通貨に逆風が吹いている。普及のカギを握るビットコインの上場投資信託(ETF)を巡り、米証券取引委員会(SEC)が上場申請を相次いで却下した。取引の不正防止が不十分として、当局には慎重論が強い。米金融機関や取引所は仮想通貨の事業拡大に動くが、新たな金融資産として定着するか視界は不良だ。(日本経済新聞より)

確かに法の整備や不正防止といったところの不十分さは否めません。しかし、金融機関や取引所と当局との仮想通貨にに対するスタンスは異なっていると予想します。基軸通貨としてのドルの権威を保ちたいであろうアメリカ当局は仮想通貨の台頭に慎重になっていると私は考えます。万が一基軸通貨がドルからビットコイン等の仮想通貨になるとアメリカの財政は大きな転換期を迎えることとなるでしょう。(ism)

ETF・・・証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託。ETFは上場しているため、非上場の通常の投資信託と比べて、上場株式のように売買できるというメリットがあります。
通常の投資信託は、1日1回算出される「基準価額」で購入をすることになります。
これに対し、ETFの購入価格はリアルタイムで変化する取引所の市場価格です。リアルタイムで変化する市場価格に対して、価格を指定して売り・買いの注文を出すこと(指値注文)もできますし、価格を指定せずに売り・買いの注文を出すこと(成行注文)もできます。


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/0/lolipop.jp-dp24264744/web/wp-content/themes/ism-c/single.php on line 87