2018年8月31日

8月31日 確定拠出年金、65歳まで加入延長を検討 厚労省 !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は運用成果によって年金額が変わる確定拠出年金について、掛け金を払い込める期間を延ばす方向で検討に入る。上限を60歳から65歳に上げる案が軸だ。期間が延びれば、老後に受け取る年金は増える。60歳を超えても働く人が増えているため私的年金の仕組みを充実させ、先細りする公的年金を補う。老後の支えとなる厚生年金は受給開始年齢を段階的に65歳まで引き上げている。(日本経済新聞より)

現在は60歳でリタイヤする人が少なくなり、65歳まで仕事に従事する人が主流となってきている。確定拠出年金の運用期間を長くすることにより、運用益や年金額を増やすことが出来き、人生100歳時代に対応することができるようになります。確定拠出年金を65歳まで加入延長することは理にかなっている。(永塚)

確定拠出年金・・・平成13年(2001)に施行された確定拠出年金法に基づいて設けられた私的年金制度の一。確定した掛け金を拠出して、それを資金にした運用収益と掛け金とが給付されるもので、企業型と個人型とがある。企業型は労使合意のもとで企業が従業員を加入させ、掛け金を企業が拠出するもの。個人型は加入者本人が掛け金を拠出するもので、国民年金基金連合会が主体となって運営している。資金の運用は加入者本人が運用指図を行い、企業型の場合、事業主は従業員に対して投資教育を行う義務がある。老齢給付金、本人死亡によって遺族が受け取る死亡一時金、障害給付金、本人が脱退したときの脱退一時金などが給付される。