2018年8月23日

【尾山塾】どちらでも ヨロシ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人物紹介:尾山 尚氏

外車ディーラー、不動産デベロッパーで営業職を処し、「引きの営業」という独自のスタイルを確立しトップセールスとなる。かつては竹刀片手に社員から恐れられていたが、現在の右手に竹刀は無く、代わりにウクレレをつま弾き営業部を練り歩くという。ゼロ営業マンは曲と共に尾山氏と歌う羽目になるため、ウクレレの音が流れるや否や営業部は突然忙しそうに活気付くとか・・・そんなかたわら、MBA取得のため大学院に通うなどパワフルに日々を処し、ホトケの尾山として部下の育成に力を注いでいる。

Q. 尾山さん

はじめまして、工藤(仮名)と申します。

尾山さんのブログをいつも興味深く拝読させていただいております。

私は北関東で、機械メーカーで工具の営業をしている37歳の独身のサラリーマンです。
お客様は法人6割、個人4割です。

実は直近1年程営業数字が落ち込んでおり悩んでおります。
他のメーカーの横やり、ダンピング等で社内に居場所もない感じです。
前年比も恥ずかしくてお伝えできるレベルではありません。

そこで相談なのですが、尾山さんならこの状況をどうすれば回避できるのか、
知恵をお借りしたいと思います。

何卒宜しくお願いします。

 

 工藤(仮名)

こんにちは、尾山です。

さて、営業数字が落ち込んで悩んでいて、この状況を回避したいけど、どうすればいいかって事ですか?

深い意味は無い気がするけどね、「回避」って言いやがりました?(笑)

回避って「避けて通る」って事じゃぁねえか?

なんだか・・・意地悪な気持ちになるね(笑)

答えたくない!!・・・・・うそうそ(笑)

 

あのね、真正面からぶつかるしかないでしょ?
偉そうなこと言うつもりはないけれど、営業って上手く行く場合より上手く行かない方が多いよね?

私もいまだに同じ事で悩んでいるよ。「なんでうまく行かないんだろう・・・」ってね。

そんなある日、気が付いたんだわ。「結果はどちらでもヨロシ」ってね(笑)

何でかと言えば、うまく行けば数字が出て会社も喜ぶ、うまく行かなければ問いが生まれる。

ここからが重要なんだ。その問いの解は自己の中にしか無いという覚悟が必要だわ。
例えば、他のメーカが安売りしたからとか、うちの商品は劣っている等の自分以外を悪者にして、
「俺!悪くない」と開き直った。その場合は負け戦からは何も学ぶ事が出来ない訳ね。
その「覚悟」が決まればたとえ結果が出なくても、上司は君の事を責めることはしないよ。

何故なら、失敗のプロセスを紐解いてどこでボタンを掛け違ったのかを悶絶しながら模索している
工藤さんを見れば、まともな大人なら責めるどころか支援したくなるんよ。
言い訳ばかりしている部下を上司や周りは支援しないもんなんだ、彼らも人間だからね。

だからね、営業の結果が良くても悪くてもどちらでも「おいしい」訳!(笑)

細かい事情は分からないけれど、商品は工具だが売るべきもモノは工藤さん自身の
「人と成り」なんじゃねえかな。

お客様を口説く前に会社で悶絶して答えを見い出そうとしている姿は、社内の人間が

必ず見ているからね。

今日から工藤さんは商談前に「結果はどちらでもヨロシ!」

と、心で叫んでください。(笑) 大丈夫!

 

最後に、「知恵をお借りしたい」って言いました?

・・・貸した知恵、いつか返してくれるんだろうねぇ?(笑)

尾山 尚拝

 

■編集より

当サイトでは、人生・仕事・恋愛など、日々の暮らしの中で、あなたの頭の中を支配する悩みへの相談を受け付けております。

infomail@ism-c.jp

まで質問・相談をお寄せください。尾山が100%の真剣勝負でお答えします。


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/0/lolipop.jp-dp24264744/web/wp-content/themes/ism-c/single.php on line 87