2018年5月14日

5月14日 民泊解禁まで1カ月 日本勢、巨人エアビーに挑戦状 !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民泊解禁まで1カ月 日本勢、巨人エアビーに挑戦状
 
 住宅に旅行者を有料で泊めるルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊法)の6月15日施行まであと1カ月。民泊仲介世界最大手、米エアビーアンドビーの独壇場だった市場を日本企業の2陣営が切り崩しにかかった。魅力的な旅行商品の開発や利用者の囲い込みで世界の巨人を揺さぶる。有力3陣営が競い合うことで利便性と安全性を両立させる日本流の民泊モデルを生み出せるか。(日本済新聞より)

セブン―イレブン・ジャパンとJTBは共同で、全国のコンビニエンスストアを民泊のチェックイン拠点として活用するサービスに乗り出す。店内の専用端末で、本人確認や鍵の受け渡しをできるようにする。2020年度までに全国主要都市の1千店で展開する。24時間利用できるコンビニとの連携が進めば、民泊の普及に弾みが付きそうだ。

(永塚)

エアビーアンドビー・・・宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。ホストと旅行者を接続し、物件の所有者でなくてもトランザクションを可能にする、売買プラットフォームモデルを基にしている。このようなプラットフォームは、新しい供給源を提供し、品質を保つためのキュレーションに依存しながら、伝統的な産業を崩壊させる。伝統的なホテルとは異なり、在庫を増やすことなく、ホストと旅行者を増加させ、マッチングさせることで規模を拡大している。


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/0/lolipop.jp-dp24264744/web/wp-content/themes/ism-c/single.php on line 87