2015年8月4日

30代の人に聞きました!理想の老後生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代といえば仕事も軌道に乗り、これからの昇進や昇給を目標にもっとも気合の入る時期です。日々仕事に明け暮れながらも、自分や愛する家族のために必死に頑張っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、消費税増税や定年退職年齢の引き上げなど耳が痛くなるようなニュースも多く、老後についての不安を持っている人も多いはず。
そこで今回は、理想の老後生活について、30代の人を対象にアンケートを行いました。

1

【質問】
30代に聞く!40年後、どんな老後を過ごしたいですか?

【回答数】
田舎にマイホームを建て長閑な生活:34
都心アパートで平均的な生活:34
その他:16
別荘持ちで優雅な生活:9
年金頼みの最低限の生活:7

マイホームでのんびりと生活したい!

アンケートの結果、自分の家を建ててのんびりと過ごしたいとする意見が3割を超える結果となりました。

・とりあえずマイホームはあるので、旦那と家庭菜園でもしながら、のんびり過ごしたいです。(30代/女性/契約派遣社員)
・毎日自然を感じながら時間を気にせずにのんびりとした生活を送りたい。(30代/男性/会社員)

老後の生活を楽しく過ごすためにも、まずはマイホームを持つことが望まれているようですね。
あわただしい毎日だった生活から一転、老後の生活はゆったりと自分の趣味に没頭したいと考えられていることがうかがえます。

利便性の良い都心で快適な生活を!

ゆったりとマイホームで過ごしたいという意見と同数の意見として、都心のアパートで過ごしたいという回答が多く挙げられました。

・地方都市の中心部で育ったので、利便性のよい都会で過ごしたい。車の免許を持っていないため、田舎は不便。(30代/女性/専業主婦)
・都会の方が、交通が便利で病院等も近くにあると思われるため。都会がいいと思います。(40代/男性/会社員)
・今までの生活スタイルを変えるのは難しいと思うので、やりなれた生活を続けながら穏やかに生活したいので。(30代/女性/専業主婦)

都心に住んでいれば、買い物や移動手段など日々の生活で不自由することが少ないものですよね。
これまでの生活のスタイルを変えることなく、住み慣れた場所で今まで通り過ごしたいと考えられていることがわかりました。

やはりあこがれの的別荘での生活!

別荘を購入し、優雅な毎日を過ごしたいとする意見もありました。

・豪華客船に乗って、世界一周旅行するような、ゴージャスな日々がいい。(40代/女性/会社員)
・やっぱりお金を稼いで死ぬまでにいろんなことやいろんな食べ物を食べたい。目標は高く持ちたい為(30代/男性/会社員)

別荘と聞くとやはりお金持ちのイメージがありますし、誰もがあこがれる存在ですよね。
高い目標をもって日々の仕事を頑張るためにも、老後に別荘を持ったり旅行をしたりするために若いうちから貯蓄を考えている人も多いようです。

せっかく払っているのだから・・・年金生活を!

また、年金をもらいながらのんびりと過ごしたいという意見も挙げられました。

・ギリギリの生活でものんびりと過ごしたいです。年金貰える年齢になったら仕事はしたくないです。(40代/女性/専業主婦)
・最低限な生活でもいいから平和にひっそりと暮らしたいから。掛けた分の年金は貰わないと気が済まないから。(30代/女性/無職)

毎月給料から支払っている年金。少子高齢化社会が進む一方で、自分が退職したときに年金をもらえるのだろうかと不安になりますよね。
自分が支払った分の年金はしっかりともらい、のんびりと過ごしたいと考えられているようです。

老後の生活を考えた住まい探しをしよう!

今回のアンケートでは、マイホームや別荘を持ち、自分たちだけのスペースでのんびりと過ごしたいという意見がある一方で、今まで通り都心で過ごしたいとする意見もあり、老後の生活に対する考えが分かれる結果となりました。
また、毎月支払っている年金を老後にしっかりともらい、ゆったりと過ごしたいと考えられていることもわかりました。
とは言え、歳をとってからの住まい探しは、金銭的な問題などからなかなか難しいのではないでしょうか。若いうちから老後の生活も考え、計画的に自分に合った住まいを見つけておくことも必要かもしれませんね。

  • ■調査地域:全国
  • ■調査対象:年齢不問・男女
  • ■調査期間:2015年06月16日~2015年06月30日
  • ■有効回答数:100サンプル