2017年9月28日

【尾山塾】仕事のずっと先に何を見ているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人物紹介:尾山 尚氏

外車ディーラー、不動産デベロッパーで営業職を処し、「引きの営業」という独自のスタイルを確立しトップセールスとなる。かつては竹刀片手に社員から恐れられていたが、現在の右手に竹刀は無く、代わりにウクレレをつま弾き営業部を練り歩くという。ゼロ営業マンは曲と共に尾山氏と歌う羽目になるため、ウクレレの音が流れるや否や営業部は突然忙しそうに活気付くとか・・・そんなかたわら、MBA取得のため大学院に通うなどパワフルに日々を処し、ホトケの尾山として部下の育成に力を注いでいる。

Q. 尾山さんの意見が聞きたくてメールします。私は20代の時に一度転職をして、趣味を仕事にしました。具体的にはグラフィックデザインで給料をもらっています。大手家電量販店で、自分がデザインした広告が使われたりしていて楽しさもやりがいも感じています。ただ、稼ぎが極端に少ないのが悩みです。好きだから続けてきましたが、先のことを考えると年々不安が大きくなっています。もう少し多く稼げる職種に転職できるチャンスは、年齢的にあと1、2年くらいだと考えています。「好きな事を続けるか、お金を取るか」けっこう究極に悩んでいるのですが、尾山さんの考えを聞かせてください。よろしくお願いします。

 31歳  平間(仮名)

平間さん

こんばんは、尾山です。

さて、「好きな事を続けるか、お金を稼げる仕事に転職するか」

と言う問いですかね。

 

お答えします。

「好きな仕事のまま、大金を稼げ」

以上!

 

・・・(笑) ダメ?

でも、俺は本当にそう思ってる!

 

良く分からんが、グラフィックデザイナーと言う職業は、給料が安いのかね?

君がアーティストだという自負があるのなら、命を削って作品を作るべきだし

職人だというのなら、時間と締め切りに追われ、数で勝負するべきだ。

 

電通や博報堂にいるなら、年収1000万位楽勝だと思うけど、

その様子だとどうやら違いそうだな。(笑)

 

しかし、文面から想像すると、君は独身で意外と身軽な立場だと思うんだわ。

・・うちの会社で不動産の営業マンになるっていう選択肢はどう?

 

・・・うそうそ!(笑)

 

君の問いを茶化すつもりはありませんが、なんか伝わって来ないんよ。

本当に悩んでるんかいな、と思ってしまうんだな。

心の底から湧き出てくる、雄叫(オタケビ)のような悩みなら真剣にお答えしますが、

君の問いは、むしろ楽しい悩みと言うか、ワクワクする悩みだよな?

 

最後に、キチンとお答えしますとね、

どんな職業でもね、今現在大きな報酬を得ている人は大体こう言うよ。

「偶然、たまたま、運良く、一所懸命やってたら、この収入になってました」

ってね(笑)

分かる? 彼らはどのような人か。

簡単に想像できるだろ?

 

自分の事ばっかりじゃなく、人の悲しみに共感し、

誰かを助け、時には涙し、裏切られ、合わない仕事をこなし、

心で泣いて顔で笑う、謙虚で愛嬌があり、

子供の無邪気と大人の残虐が共存している・・・

 

そういう人が、仕事の先に見ていたものは・・・

と言う事を考えてから、出直したほうがいいね。

 

尾山 拝

 

■編集より

当サイトでは、人生・仕事・恋愛など、日々の暮らしの中で、あなたの頭の中を支配する悩みへの相談を受け付けております。

infomail@ism-c.jp

まで質問・相談をお寄せください。尾山が100%の真剣勝負でお答えします。