2017年9月9日

【尾山塾】「病は福音なり」だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人物紹介:尾山 尚氏

外車ディーラー、不動産デベロッパーで営業職を処し、「引きの営業」という独自のスタイルを確立しトップセールスとなる。かつては竹刀片手に社員から恐れられていたが、現在の右手に竹刀は無く、代わりにウクレレをつま弾き営業部を練り歩くという。ゼロ営業マンは曲と共に尾山氏と歌う羽目になるため、ウクレレの音が流れるや否や営業部は突然忙しそうに活気付くとか・・・そんなかたわら、MBA取得のため大学院に通うなどパワフルに日々を処し、ホトケの尾山として部下の育成に力を注いでいる。

Q. 尾山さん初めまして、遠藤と申します。今回、笑わないで聞いてもらいたい悩みがあってメールしました。私の仕事は事務系で、一日中イスに座って作業をしています。実は「痔」になってしまい、おしりにできものが出来ています。クッションを敷くなど対策をしていますが、痛くて痛くて座っているのが本当にツライ状況です。でも恥ずかしくて周りの誰にも相談ができません。仕事中はなんとか我慢していますが、こんな状態では温泉やプールにはとても行けません。つい先日もドライブに誘われたのを断わりました。医者からは「事務職の方は痔になりやすい」と聞いて、この先ずっとおしりのできものと付き合い続ける可能性があると思うと絶望です。僕はいったいどうすれば良いでしょうか。

 26歳 男性 遠藤(仮名)

遠藤さん

こんにちは、尾山です。

尾山塾もとうとうケツのできものの話かいな?

一瞬目を疑いましたが、深刻な悩みなんだろうねえ。

 

さて、この悩みは内勤ビジネスマンの中でも多いんじゃないかなぁ。

遠藤さんのご質問の答えはふたつ。

① 無体な言い方だが、問題が発生したらその原因を突き止め、
症状を回復させるべく行動をせよ。

② 自分に起こったことの意味をはき違えている。

 

①に付いてはそのまんまだ、病院に行けばよろしい。

そんな事わかっているわい、と言う話だろうけどね、

病院に行くきっかけが無いとなかなかねえ・・・

本当に辛いなら病院に行くだろうけど、できものだけってなると

行きにくいね。

因みに、同じ悩みの女性はもっと多く、もっと深刻だと想うなぁ。

 

キモは②なんだ。

私は宗教家ではありませんが、言葉にすれば

「病は福音なり」(ヤマイハ フクインナリ)

と言う事だな。

 

何か悪い事が起こったら、それは君にとって

「良い知らせ」だと思ったほうが得策です。

 

何故なら、痔になったのは会社のせいだ、仕事のせいだ、

だから会社が嫌い、上司が嫌い・・・

悪い出来事を自分以外のせいにすると、更に具合が悪くなるし、

精神的衛生上良くないねえ。

 

仮に、痔になったのは自己管理、体調管理が悪かったと考えれば・・・

酒を控えよう、辛いもんを食わない、適度な運動をする、

筋肉ストレッチをしよう・・・

根本的にはストレスだろうねえ・・・

自分の精神構造の改造も大きな課題だね。

 

痔だの、できものだのは、自分の体からの声、悲鳴、イエローカードだよね。

自分の体が自分になんとかしてくれって言っているのに、

更に尾山塾になんとかしてくれって言われてもねえ(笑)

 

でも、このサイトを見ている隠れ痔、隠れできものの方々は

勇気が湧いたんじゃないかな。

そこだけでも遠藤さんの勇気ある質問の価値はあるよ。

 

答えになってないかも知れないけれどね、遠藤さんの叫び

「この先ずっとおしりのできものと付き合い続ける可能性が

あると思うと絶望です。」

この先ずっと付き合うのは「できもの」じゃなくて、

自分の体そのものだよね

良い時もあるし、悪い時も当然あるわな。

 

だろ?(笑)

 

尾山 拝

 

■編集より

当サイトでは、人生・仕事・恋愛など、日々の暮らしの中で、あなたの頭の中を支配する悩みへの相談を受け付けております。

infomail@ism-c.jp

まで質問・相談をお寄せください。尾山が100%の真剣勝負でお答えします。