2017年2月27日

涙の初申込み!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意識高い系新人の下田君は入社4か月目。

前職の酒類販売業者では係長職で、社内の評価も高かっただけに

「不動産投資の営業もすぐに結果を出せるだろう!」

と高を括って入社してきたようです。

 

ところが電話営業ではかなり苦戦をし、上司から

「相手の話を全く聞いてない!」

「中途半端な知識しかないのに説明しても通じる訳ない!」

「相手の言葉に被せて自分の言いたい事ばかり喋っても嫌われるだけ!」

と、厳しい指導を受ける中で、電話営業の難しさを痛感していました。

(電話営業はカンタンじゃない!)

(電話営業はカンタンじゃない!)

 

そして、入社から4カ月を迎える先週末、初めての申込みを受注しました!!

熱心に取り組んだ電話営業で商談の機会を得て、お相手の方に納得を頂き、

快く投資用不動産の購入を申し込んで頂きました!!

 

今月10本目は下田社員の初申込み!

今月10本目は下田社員の初申込み!

 

王子駅近くのファミレスで商談を終え、お客様をお見送りして席に戻ると

待っていた上司が右手を差し出します。

 

上司「下田君、初受注おめでとう!!」

下田「ありがとうござ・・、イテテ!痛い!手が痛いッス!!」

上司「よく頑張ったな!」

下田「痛いッス!でもアザッス!!明日からもっとがんばります!!」

 

涙が出るほど力強く握りしめられた下田君の右手には、

上司から伝わったものがあるようです。