2016年12月26日

なんくるないさ~な19歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別業種のアルバイトで電話営業の経験がある19歳の奥間君は沖縄出身。

前職のコールセンターでは契約のクローザーまでこなしており、

営業トークも滑らかで、とても10代とは思えない落ち着いた

電話を打ちます。

 

「なんくるないさ~」

「なんくるないさ~」

 

宴会部長総務マンこと仲本と同郷で、休憩中に二人で会話をしていると

方言が飛び交ってそこだけ空気が沖縄になります。

 

奥間「今日はアポが取れんかったやっさ~」

仲本「ひーじー。なんくるないさ~だろ」

(大丈夫、何とかなるよ)

 

「なんくるないさ~」とは、「一生懸命頑張ったのなら結果なんてどうでも良い、

それより笑顔で笑い飛ばそうよ」というニュアンスの沖縄県民のパワーワードです。

 

奥間君は今日も「なんくるないさ~精神」で電話を頑張っています。